2013年02月04日

mamaの期待

見ていないから断定することは避けるが、mamaの期待していた『英語教室』とのギャップ、いきなり難しくて…
というのもあるようだが、気配り等mamaが期待していたレベルでは まるでなかったみたいだ。
DVDを大画面で再生している訳では無いから…
生の教師がやるのだから、その辺の期待は持ちたいところだけど…

“子供たち=みんな=を夢中でキラキラ惹きつけ飽きさせない”のと、“知識の伝達”では教える方に、相当な能力の開きがあるだろうから。
そのあたりができる指導者は、実はそんなに沢山いないのでは無いかと思う。

親族関係に、公立の教師が多い私が言うのもなんだが、以前 小・中の有名な学習塾を撮影した時、素晴らしいエンターテイメント性とエネルギーが溢れているものを感じた。
とても多くの公立の学校が、実現できるレベルでないと思った。

まあmamaもそのあたりのシロートではないから 分かっているのだろうけど、そのあたりを期待すると、mamaが相当その気になった『○○○教室』になって、『そうしますと、お値段の方が(高額)…』と言うことになりそうだ。
posted by issassa at 18:33| こうちゃん

コワイ鬼なのに

節分が近づくにつれ、いろんなところで“鬼”を見るようになったからか、こうちゃん ガタガタっと音がすると「鬼っ」と言葉に出します。
元はmamaの『鬼から電話』からなのですが、休みの日の眠る時になかなか眠らず、遊び回るものだから私が足で襖を軽くキック!「ガタッ」。かなり効きました。
今は多少慣れたのもあるでしょうが、それでも「鬼、いや」と言ったりします。
そんな中、私が鬼のお面を被っての豆まき。
こうちゃん、そーと下から優しくpapaに投げてくれます。
「鬼、外行っちゃうね」と私が立ち上がろうとすると、ズボンを持って引き止めます。
う〜〜〜〜かわいい!papaは行っちゃあダメということみたいです。お面を付けたpapaを引き止めてくれました。わーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
いやな鬼のお面付けているのにね。
posted by issassa at 12:53| こうちゃん