2013年04月19日

おつきさま、バイバイ。

ひょっとして、こうちゃん 初めてのお月さま?

そんなこともないかと思っているが(明るい時間出てたりもするし)、規則正しく毎日を送っているこうちゃんだから、そうかもしれない。

舞浜の広〜い、雲一つない夜の空に浮かぶ上弦の月に向かって

moon01.gif

「おつきさま、バイバイ」

誰かに促された訳でもなく。

皆、クタクタで そこの駐車場を目指して
『車まで遠い』という言葉を、ぐっと飲み込んでいる時でしたから
『お月さまに、バイバイしようね』なんて話し掛ける、気持ちの余裕はありませんでした。

昼間、papaと自由行動してた時は
「ちゅんちゅん、おいで」
「ぽっぽ、おいで」
「があがあ、おいで」
追いかけて、夢中でしたぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

作り物より、そっちにずいぶんと惹かれていました。
(お土産コーナーでは別ですが…。食いついていました。放しません。ふらふら

なんか、いいな。

こうちゃんがお月さまに バイバイ っと言った後
なんだか、私の気持ちに余裕ができて
papa「おつきさま、バイバイしないって。こうちゃんと、いっしょにいくって」
と、話してみました。
どんなふうに受け取っているか、わかりませんわーい(嬉しい顔)
posted by issassa at 20:26| こうちゃん

2013年04月17日

これなあ〜に?

こうちゃんの話っぷりが、一段と加速してきている。
さらっと、文章として成り立った話し方をしてきて
あれっ?あんな風に話していたっけ!? と、
後から気付く事がちょくちょくある。

今朝は 私が家で仕事をしていて、横にこうちゃんが くっつきながら「これなあ〜に?」と
かわいく いろんな物に興味を持って聞いてきた。
こうちゃんが普段見ない、papaの持ち物がいろいろ出ているから
一つずつ「これなあ〜に?」と聞いてくる。

大体目をつける物は、取扱注意の物が多いので、「〜な時に使う、だいじだいじなの」と言うが
そればっかりじゃ つまんないだろうから

こうちゃん:「これなあ〜に?」
papa:「書類
と、教えてあげた。2歳児に。

k0417.jpg

papaの物を持ってくる こうちゃん mamaブログ


posted by issassa at 18:18| こうちゃん

2013年04月15日

同志社大学は保護者か?

また、ナンだか勘違いな謝罪が行われている。
下の、少し前からダラダラ出てくる情けない記事だが

同志社大学の名を凄まじくおとしめたとして
損害賠償をバカな学生に求めて裁判でもやるべきだ。
なんで学校が保護者の代わりをしているのか分からない。
大学は被害者ではないか?

大学が躾けの責任を負うところに、いつからなったんだ?
神戸大学(国立大学)の担当が記者会見しているが、何でそんなことするのだろうか?

そのスタンスが勘違いを引き出すんじゃないの?

税金で肩代わりしている授業料分をこの国立大の学生は止めるべきだ。

USJは、メンタマ飛び出す位の損害賠償を求めるべきだ。


*******************************************************************************
同志社大生も加担、神大生USJ問題 同大が認め謝罪
*******************************************************************************
神戸大学(神戸市)文学部2年の男子学生(19)が人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)で迷惑行為を繰り返し、入園禁止になった上に同大が処分を検討している問題で、同志社大学(京都市)も学生が行為に加担していたことを認め、謝罪した。

 同大によると、先月12日、学生がアトラクションの運行中に乗り物から飛び降りて運行を停止させたという。同大の広報課は「軽率な行為により、多大な迷惑をかけたことは誠に遺憾。責任ある行動をとるよう指導していく」とコメントした。

(産経ニュース)
何かと情けない記事をよく拾ってくれる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by issassa at 19:06| 日記

村田 諒太選手 会見メッセージ

村田 諒太選手の記者会見が開かれ、沢山の記者が集まっていたようなのに、彼のメッセージを全文アップしている記事が見当たらなかった。

日本経済新聞のすでに編集された動画ニュースからだが、書留めさせていただいた。

記者たちは、彼の言葉に何も感じなかったのか?

======================================================

自分自身、ボクシングを始めた頃の夢を忘れて、生きていっていいのかどうかということを
すごく悩む時期があって
そんな中で、やっぱり 子供の頃の夢に挑戦したいという気持ちが強くなって
プロに転向て事を決意しました。
今、日本ではサッカーとか野球とか、すごくメジャーで子供たちが憧れるスポーツっていうのが、集中しているとは思うんですけれども
ボクシングっていうのは、本当に僕にとってすごく素晴らしいスポーツで…
もし僕が世界チャンピオンを夢見てボクシングを始めた時のように
ボクシングっていうのが子供たちにとって、憧れるスポーツとなれれば…と、思っています。
この挑戦ていうのは、家族にとっては不安だろうし、僕の体を心配してくれる…立場から考えると
本当に申し訳無いなというところもあるんですけど
家族はすごく今の僕に対してサポートしてくれるし、応援してくれますので
そのためにも僕自身、父親としての役割って面でも、プロに行く以上
今まで以上にしっかり果たしていきたいなと思っております。
僕自身、オリンピックの金メダリストであり、プロの世界の世界チャンピオンであるという
日本人で初めてのものに挑戦したいと思っています。
今回、『無謀な挑戦』だとか、『このまま止めとけばいい』とかっと
いうような意見だってあったと思うんですけど
そうじゃなくって、僕が夢に向かって挑戦するっていう姿が
もし 少しでも 今の日本の力になれればいいなぁ
 と、僕は思っています。

======================================================

先ず、自分の夢への挑戦と言い切るところが、清い。
周囲の気持ちをビリビリと感じ取りながら、感謝と自身の応え方を示し
決して、『夢を与えられる人間になりたい』だなんて、言わなかった事が良かった。
彼も自分の夢を自分で追っている。
与えられるモノでないと、すでに語っている。

かっこいい!
posted by issassa at 13:50| スポーツ

2013年04月12日

かっこいい!これだよ阿部慎之助。

村田諒太選手(27)が2013年4月12日、東京都内で会見し、プロ転向を表明した。

日本経済新聞の動画ニュースを見た。
まず見ない動画ニュースを村田さんの写真の表情を見てクリックした。

言ってくれた言葉が、かっこいい!

これを影響力のある人に言って欲しかった。

緊張して。詰まりながら。自分の想いを。かっこいい!
posted by issassa at 21:36| 日記

2013年04月11日

いいとこ取り

母の病室で、母と叔母さんに、こうちゃんの写真や動画を見てもらった。
母には今回も「かわいいな〜、用心しないと。つれて行かれん様せんと」と、続いて私が赤ん坊の頃、近所の2人の看護婦さんにちょっとだけ貸してと、しばらく帰ってこないで心配した話を…今回で5回くらいは聞いている。
叔母さんは、こうちゃんが大好きでいつも写真を楽しみに待ってもらっている。
叔母さんが「こうちゃん、お父さん と お母さんの いいとこ取りじゃが」と。
私は何となく照れながらわーい(嬉しい顔)、喜びながらわーい(嬉しい顔)…ふとたらーっ(汗)
『悪いとこ取り』という事も、可能性としてはあったんだよな…たらーっ(汗)
あれやそれやあんなことやあれも 等々がく〜(落胆した顔)、取られなくて良かった。
mamaのそれは思う物が無いが、私のそれがブロックできたことが良かった。
posted by issassa at 22:30| こうちゃん

2013年04月10日

cmで母。gで父。

母の具合が芳しくなく実家に戻り、病院を訪ねた。
20度位ベッドを起こすのがせいぜいで、基本的には寝たままだ。
治療であったり、リハビリであったりだけど、2年以上病院での生活が中心になっている。

話はしっかり話せ、記憶にある時の話はかなり詳しく、何度も話してくれる。

小さい時、実家にしばらくの間居た甥っ子も この時も来てくれていて、ゆっくりと話を聞いてあげている。
昼食は希望が通ったようで、冷たいうどんが出た。
甥っ子に、程よい長さに切ってもらい、食べさせてもらっている。
「おいしいわ。7、8cmに切ってもらっているから…。1、2cmだったらうどん食べているのが、分からないからな」

食後 私も薬を塗ったりしていたのだが、回ってきてくれた男性の看護士さんが声を掛けてくれると、まだ痛むのか、薬を脚に塗って欲しいといっている。
「右脚だけ、ひざぼんさん から上に 10cmの幅で塗ってくれるかな〜」
ずいぶんと明確な指示出しである。

だけど、母の脚は10cmの幅は、もうすでに無い。

4月に入り、病院の世界もOJTが始まっている。
先輩の若い看護婦さんが、もっと若い新米看護婦さんに、点滴のスピードを
だいたいこのくらい」

大ざっぱである。私は知らないが、例えば50ピッチ とか、何か無いんだろうか?

夜自宅に戻ると、父が
「ご飯がこれに400g入っとるが、どの位食べる?わしは、平均200gじゃが」と
zipロックのタッパーを見せてくれた。
米寿を先日迎えた父である。

母は、モノを作る趣味を長く、沢山やっていたので、長さ・幅に対する絶対感覚があるようで
父は、昔やっていた商売柄、重さに対する絶対感覚があるのです。
posted by issassa at 19:58| 日記