2013年06月21日

鬼の発明と、優しい鬼の再発明

こうちゃんは、鬼がとても怖いです。

そのようにpapa & mamaで吹き込んでいますから。
時に怖がり過ぎるのを見ると、ちょっとかわいそうな事をしたとも思います。

でも、こうちゃんは自分の心を鬼から守るため
優しい鬼を編み出しました。

私がその塩梅をコントロールする事ができずにいる中、自分で考えつきました。


oni.jpg

鬼は歴史の中で、民衆だったり子供だったり、そしてお互いだったり
それらをコントロールするために発明し、活用されたと思います。

異論がある人も多いでしょうが、神様と同じです。

2歳と少しの頃、すでにこうちゃんは
鬼の対極になる、優しい鬼という概念を創り上げました。
怖い鬼を 優しい鬼の区分に入れる事で、怖がらなくて良いものに変換し
自身の心の安定を得ているのです。


すごーぴかぴか(新しい)

-------------------------------------------------------------------------------
以前のコンテンツが埋もれているので、代表的なものを選んでみました。(リンクリスト)
時間があれば、ページ上のタイトル帯のクリックでも最新のページに行くので
さかのぼってみてください。現在8頁くらいです。

-------------------------------------------------------------------------------
突っ込みどころの多い、役所仕事を斬る
『あいあいはし』 それとも 『あいあいばし』
papaは市民オンブズマン(かも)
致命的なチェックミス


都市の伝説 三部作
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(1/3)
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(2/3)
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(3/3)


こうちゃん全開 ブラボ〜
かなりせつない『雪の華』
「IMPOSSIBLE IS NOTHING」
“Y” が “命”

痛い表現と 響く表現
『今の正直なお気持ちを…』
Proかと思った
村田 諒太選手 会見メッセージ


未来を開く
富士フイルムに:製品化求む
30倍以上

-------------------------------------------------------------------------------
posted by issassa at 20:08| 日記

2013年06月20日

好奇心と遂行力

mamaからメール
「知らない間に、こうちゃんが電池の皮を剥いてたの!!!」


なんかイマイチ言ってる事が分かりませんでした。


ene01.jpg

言ってる事が、すごくよく分かりました。がく〜(落胆した顔)

だけど、どこから剥がすの眼鏡
このレベルに対処するよう、家の中を警戒状態にしていくのは不可能です。

ですので、より多くの興味の持ちそうなものをバラマキ
大切なモノの被害の確率を下げる方法しかありません。ふらふら

asobi01.jpg
一人で静かな時は、こんな感じで何かやっています。

とは言っても、大方手を付けているので、さらに興味を引くのは難しいです。

こうちゃんがハイハイしていた頃、テーブルの下の延長コードを噛りに行くので
白いロープをダミーではわしていました。ひらめき思うつぼです。わーい(嬉しい顔)この頃は。

dummy03.jpg

dummy01.jpg

dummy02.jpg

生後8ヶ月の頃です。
posted by issassa at 20:25| こうちゃん

2013年06月17日

この世で一人だけ

こうちゃん、涙が出るようなことをやってくれる。

いつも思うんだけど、自分が幼稚園の頃でさえ
当たり前だけど、自分の欲求に任せ好きなようにやっていた。
兄弟が多く大家族の中だったから、人の表情はうかがっていたが
それを見て、その人に何かをするようなことは無かった。
高校生になっても無かったふらふら

こうちゃんは2歳半である。

こうちゃんと和室で遊んでいて、ワイワイやっていると
燃焼するモノを沢山持っている私は「暑っ〜。暑ち〜」グッド(上向き矢印)と。
一緒に遊んでいた こうちゃんは、すくっと立ち上がり
居間に行き、ウチワを持って来て、両手で+体全体を使って
一生懸命扇いでくれるのです。
もうやだ〜(悲しい顔)わーい(嬉しい顔)バッド(下向き矢印)

エアコンがどういう物か分かっていて、リモコンとの関係も分かっている。
エアコンのリモコンを取って渡してくれたのでも
エアコンのリモコンを“ピッ”としてくれたのでも無く

両手で+体全体を使って
ウチワで、一生懸命扇いでくれるのです。

これ以上は無いでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)
この世で一人だけ。こうちゃんだけです。

koji0617.jpg


mamaも優しくしてくれるけど、多分二人だと
papa「暑っ〜。暑ち〜」
mama「私は寒いよ」
くらいの会話で終わっているでしょう。

父の日のプレゼントとして
mamaとこうちゃんから、ポロシャツをもらいました。
だけど、燃焼するモノを沢山持っている私には、若干フィットしすぎている感じがして
mamaと協議の結果
洗濯して、引っ張って⇒伸ばすひらめき という、ソリューションを選択しました。

mamaが干しながら、「伸びますように」とやってるそばで
こうちゃんは、両手を合わせヒザを少し曲げ、深〜い『南無〜』をしてくれていました。
そう、それは私の母の通夜のお坊さんが御霊前に向けて行っていたモノそのものでした。
(こうちゃんはその時もじっとお利口に見ていました。)

会話の意味と流れと、思いを完全に感じ取り
ドンピシャのタイミングでアクションを起こすのです。

これは奇跡です。

さらに
少し前に、おじいちゃんとおばあちゃんが、車で遊びにきてくれた時
運転席から出たおじいちゃんのポロシャツを見て、こうちゃん
「ピンク、似合うね」
それに引き換え、私は
「おはようございます」だ。
100点と、10点だ。

さらにさらに
先日、あおちゃん(こうちゃんの従妹)がウチにおじいちゃん、おばあちゃんと遊びにきてくれた時
玄関のドアを開けて入ってきた、あおちゃんを見て
「リボンかわいいね」
シャツにリボンの絵柄がプリントされていたのです。

LEONに出てきそうな、イタリアおやじより もっと自然に嬉しそうに言います。
私はずーとこんな気の利いた言葉を言えそうにない。

そしてmamaには
「えみちゃん(mamaの名前で呼ぶ)、作ってくれたの おいし〜」
日本人の9割以上のダンナがこれを言えず、不満の種になるんです。

こうちゃんは2歳半。いつも優しい言葉をかけてくれます。(mamaブログ)
そんなこうちゃんも グジグジで、ビエーンも強力になって
mamaはいつも一緒で「もおっ」て思うかもしれないけどね。

でも、papaもmamaも生まれて来て、今まで一度も経験した事の無い
これ以上無い、喜びの時間を過ごしています。
posted by issassa at 20:48| こうちゃん

2013年06月12日

またもコンビニ、今度は店員

コンビニのレジにて、気付くとかえって違和感が…

カツラです。若い男性店員のカツラなのですが、剛毛な感じで妙な塊感が…
一ヶ月路上で生活してましたみたいな。

変だな〜と思って見てしまう訳です。
そして縁からシャンパンゴールド色の、よく脱色できた髪の毛がのぞいているのです。

ダメなのかな〜。

気持ち良い受け応えしてくれれば、全く構わないと思うのだけど。
唇に安全ピン刺している訳でもないし。
首から指先までタトゥー入ってる訳でもないし。

唇に安全ピンは、バイク便のアンちゃんで、その安全ピンに無線から引っ張った小型マイクを付けていた。
いい感じで、口の近くにマイクがあって、ハンズフリーを実現していた。
マイクのケーブル引っかかったら痛そうだった。

首から指先までのタトゥーは、以前ウチの地元にあるコンビニ店員で深夜セキュリティー強化のため雇われていました。たぶん、想像ですが。
メジャーグループでないコンビニです。

誰が用意してたんだろう、カツラ。
こんなのにお金使いたくない。といった感じのカツラ。
だからやめればいいのに。よっぽど変だから。
posted by issassa at 13:44| 発見

2013年06月07日

ガンは母親と話す時間を作ってくれた。

母が亡くなって、10日
ガンで辛い闘病生活を強いられている方も、沢山いるだろうから
あくまでも一側面として話す必要があるかと思うけれど

ガンは母親と話す時間を作ってくれた。
沢山の孫が入れ替わりながら訪ね、話をする時間を作ってくれた。
こうちゃんの写真を送って見てもらうことも
こうちゃんが会いに行く事もできる時間を作ってくれた。

五木寛之さんが『他力』の中で語られていた、まさにそうだった。

今年の初め、会社のスタッフのお兄さんが自宅で急死。
1ヶ月後、協力会社のスタジオに3年ほど前までいたカメラマン
20年以上仕事を頼んでいた彼も、自宅で急死。
家族はサヨナラも言えず…

私は、見舞いに行っている時に、3回も
「あんたが赤ちゃんの時、近所の看護婦さんが連れって行って…」
と、言う話を聞くことができた。

毎日の楽しい話を 今度は私が何度も話してあげよう。

兄や義理の姉、姉や叔母さんに全部任せきりで
のんきで申し訳ないと、心で詫びつつ…。
posted by issassa at 19:45| 日記