2013年01月29日

オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(3/3)

さらに意外なことに、このオカマのおじさんを2度目撃しています。マルチーズは1度。半年の間に。
最初は銀座・松屋本店(A)。2度目は神楽坂の薬局(B)で。「ギャッ」と女の人に短い声が。レジで会計をしていた私は振り返り…たくさんリボンを付けてもらったマルチーズ。棚から現れた髪にリボンいっぱい+フリフリのスカートレースいっぱい に包まれたオカマのおじさん。すぐに2度目と分かりました。

時間の感覚を失いましたが、しばらくしておばさんが2階から降りてきて、改めて領収書を書いているよう。
おばさんから渡された領収書は、文字になってないグニュグニュ書きがされていました。数字も怪しいレベル。

その晩泊まった学生の話では、部屋に鍵がかからず、客はほぼ中近東。
風呂に行く途中の飛び石の脇に、首無しの人形が落ちていたと…。
最上級です(C)。

ABC_map.jpg

この目撃した出来事が、何かの間違いの様に… この宿泊施設の紹介が、現在のiタウンページに掲載されているのです。
とても静かな歴史のありそうな、柔らかな光が入った写真と共に。
完全に誰かに作り替えられている。(工務店とiタウンページ取り扱いの代理店でしょうけど。)
本当にここには何も無かったと言うように。

おばさんもおじさんも、もう居ないんだろうね。

本当に誰も見ていないのかな?
posted by issassa at 00:22| 日記