2013年01月29日

オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(1/3)

今から20年ほど前の話。季節は今くらい。受験シーズンで、地方から入社予定の学生も呼び寄せて、研修をすることとなり宿泊場所をあたっていた。
学生にはもったいないようなホテルから、とりあえず眠れるというレベルのところまで、片っ端から連絡を取るもどうやら入試絡みで全く空きがない。
当時ですから、電話帳・タウンページを使って電話をかけていた。
一つ近場で、最小サイズでなく、そこそこの枠で広告を出しているところが目に留まり、電話をする。
ありがたいことに空きがあり、素泊まりでも良いとのこと。

私は、宿泊させる当日 昼間に宿泊代を前払いに行った。

そこで目にしたモノを どこの誰もネット上にあげてない。そんなことが無かったくらい検索しても何もかすらない。
いくら20年経っていたって、誰かは話題にしそうな事なのに…。

いくらGoogleで検索しても、私が目にした物は無い。
Googleに対して圧力をかけられる存在があるとすれば、国家レベルの何かが働いているのだろうかとさえ思ってしまう。
アメリカでいうところの「エリア51にUFOは無い」というのと同じように。

私は、宿泊代を払いに行った。何だか分かりにくい。
『お堀が見える…』とあったのに、お掘り沿いに見当たらない。学校の敷地に入っていくような変わったロケーションだった。
奥まった所だが、学生がうるさいからか、目隠しのような簡易の塀で囲われていた。そこが、宿泊の場所かなと近づく。
平屋の古い民家のようだった。
引き戸の入り口を開ける…薄暗く、目が慣れるまで一瞬かかった。

2/3に続く>>>
posted by issassa at 00:50| 日記