2013年02月10日

つばを吐くな。鼻を飛ばすな。

イギリスでもイタリアでもスペインでも、サッカーの試合を観ていると、出場している選手がピッチ(競技場)につばを吐くシーンが見られるが、自分たちのプレーする神聖な場所だと思われる所にである。
「飲み込め!」と、言いたい。

さらに感覚を疑うのは、鼻の片側を押さえ鼻(汁)を飛ばす者までいる。
キリスト教やイスラム教は何を教えているのだろうか。

アメリカの大リーグなどは、さらにヒマワリの種が追加されるが、歴史の浅い国での話である。

三日前の会社からの帰り。私は地元の駅の階段を降りた所で、進む右前方の人の流れの中から「シューーーッ」という音を耳にする。
下ろされる腕からピンときた。がく〜(落胆した顔)ここで鼻(汁)あせあせ(飛び散る汗)を飛ばしているのである。三、四十代の会社帰りのような男性。

もう一度逆の腕が上がる。先ほどより“スピード感の無いバッド(下向き矢印)”ような音がした気がする。
男性の足が止まる。

私が歩き進み、男性は私の視界の右に。
何かをカバンから出しているよう。
ハンカチかティッシュ?
上着を拭いているようだが、振り向いて見るまでも無い…と思うが気になり
気合いで+意識を集中して=視野を広げる目

“バチ”が当たっていたようであるパンチ
posted by issassa at 01:25| スポーツ