2013年02月12日

最も愛している内の一人だ

毎日、毎日 楽しくABCをやってるこうちゃんわーい(嬉しい顔)
一日のメインがABC。楽しくて楽しくて、しょうがない感じだよね。
始まりが“遊び”というのがいいね。この先どんな風に英語と接していくか分からないけど。

始まりが“勉強”というのは上手くいかない。
英語は(も)ダメダメなpapa
その昔、最もデリケートな中二の生徒に 不条理な『最も愛している内の一人だ』
みたいなNo.1でない“最上級”というものを教えられ、抵抗せずにいられなかった。
最も≠No.1 だなんて、アメリカがそんなことを言って良いのか?みたいな。

安いドラマで、ファミリーに向けてでなく、男が“相方”にこれを言うと、あと三話 引っ張れてしまう。
グレーゾーンが多い日本だが、ここは白黒つけなければ
『私の{もしくは“俺の”(特殊なカップル)}存在は何なのどんっ(衝撃)!?』
と、質問を投げ掛けた側からすれば、終わらすことができないポイントになる。

どうしてそんなことを言ってしまうんだ…心の中が理解できず、前に進むことができなかった。
私の英語の挫折はこのあたりだったかもしれない。(多分、もっと前)

koji25.png
だから、こうちゃん mamaが「こうちゃんのこと一番好き!!!」と言っても
papaの事、気にしなくていいからね!
papaは2番でも、3番でも、4番でも、5番でも、6番でも、7番でも、8番でも良いからね。
posted by issassa at 22:22| 言葉