2013年02月25日

プロ??かと思った

王将の件を書いていて、思い出した。
昔の話だが、21世紀になってから。

職場のスタッフを連れて、ちょくちょく晩ご飯を食べに行っていた。
行く先のお店に、つけ麺系の中華料理屋があった。
専門店というよりは、何でも有りのお店で、厨房とフロアで2〜3名のおっちゃんがマッタリとやっている。

私達は6つほどある4人掛けのテーブルでオーダー。
「レバニラ炒め定食」等々10種類ほどある定食からだいたい選んでいた。

料理が来てしばらくして、ふと厨房を見ると、料理を作っていたおっちゃんが
大きな寸胴鍋からひしゃくで熱湯を『ラ王』どんっ(衝撃)に入れているグッド(上向き矢印)
インスタントのカップタイプの『ラ王』であるexclamation×2 …プロ…?
そこは中華料理屋の厨房である。

自分用の賄いだろうかあせあせ(飛び散る汗)
とても自然な流れの中で進んでいくので、見落とすところだった。
厨房のおじちゃんはおいしそうに食べ、食後のコーヒーにと 同じく ひしゃくでカップに注いでいる。
瓶タイプのゴールドブレンド目。常駐しています。

『ラ王』の方が店のラーメンより美味しいということだろう。
我々の注文は正解のようである。
『ラ王』を注文すると出てくるのだろうか?

今でもお店は同じ構えで営業中。
posted by issassa at 22:48| 日記