2013年03月26日

30倍以上

papaがこうちゃんにお願いしてブログネタ用の写真を撮らせてもらった。

いきなりかわいいことをしてくれて、papaはもう写真を撮っただけで満足してしまった。

koji_balloon.jpg

かわい過ぎる。全身の力が抜ける。

mamaがアップしてくれた写真を見て、また う〜カワイイ、と。

もうネタなんて どうでもいいやと思っていたが、冷静に考えれば画期的なことだし書き残しておこうと思う。

むかし、むかし papaが小学生の頃で、自分のことをpapaなどと言う人間をまだ見たことが無かった頃。

膨らました風船は、3日と持たなかったと思う。
花瓶に挿した花なんかより、確実に持たず ヘタをすれば翌日起きた頃にはホヨホヨになっていた。

こうちゃんの持つ“緑の風船”は、去年の12月半ば過ぎに、駅近くのスーパーの上のフロアーにある子供の遊びスペース前で、デモンストレーションしていた○○教室のお土産である。
形を合わせたり、重ねたり、組み合わせたり…知育と言われているたぐいの、お利口さんになるための教室である。
12月末までの期間デモをやっていると言っていた、勧誘キャンペーンに力が入りかけてきた頃の風船だ。

3ヶ月は確実に経っている。

たまに思い出して、こうちゃんがポコポコしている。それでもこの状態だ。十分 風船だ。
性能が30倍以上になるものって、エレクトロニクス系以外で以外と思い浮かばない。
多分、数字を取ればいろいろ出てくるのかもしれないが、風船の分かりやすいこの能力変化は驚きだった。
『分かりやすいこの能力変化』と書いたが、このように感じるためにはpapaと同じくらい
昭和を知っていなければ いけないのかもしれない。
posted by issassa at 12:58| テクノロジー