2013年08月08日

Appleに負けない。Googleにも負けない。

平日は、朝も夜もこうちゃんと顔をあわす事ができないから
休みの日は、こうちゃんと遊んでいたいと思っている。

だから、AppleのiPod touch(※1)や、GoogleのYouTube(※2)に
papaは負けちゃ〜いけない!


※1:昨年の秋、母の見舞いにpapaの実家に皆で行く時、ぐずった時のために
  幼児用のアプリを入れておきました。
  その時は使いませんでしたが、今年の春過ぎ ぐずりがひどい時に初めて触らせ
  それ以降、たま〜に「papaのケータイでピッピしたい」と言ってきます。

※2:知識の半分以上はここから、得ているんではないかと思われる。
  見たい物が見れるテレビみたいに思っているのかな?
  四十九日で、私が実家に帰り「おぼうさんが、これからくるんだよ」と電話で話すと
  YouTubeで検索かけて、お経の映像を引っ張って見ていました。


だから、こうちゃんと

papaのお腹をぱちっ したり

あっちでべ〜 したり

おおきくなって をしたり

セミになって くっついたり

(光を)ふわ〜(※3) したり

あいさつ したり

背中やお腹に、あぉ〜〜〜〜 したり

ぐりぐりぐり したり

いいことかんがえたり

どっちだ したり

おすもう したり

クモ つかまえたり

かいちゅうでんとう つけたり

おえかきしたり
 して遊んでいます。

スマートフォンやタブレット物で 知育アプリだとか、言っている物あるけど
いつも一緒にいないpapaは、せめて これらに対抗しなくてはならないのです!


ray01.jpg

ray02.jpg

ray03.jpg

ray04.jpg

身をよじらせて、笑いに悲鳴をくっつけて、走り回る姿を
AppleにもGoogleにも引き出すことなんか できないだろうと


※3:mamaに買ってきたユニクロのレギンスの袋(?)でカーテンから入ってくる
  西日を使い、パッケージ表面の蒸着フィルム(?)を鏡のようにして
  暗くした部屋の中に反射させるのです。
  パッケージがグシャグシャになっていますので、不思議な模様となって
  こうちゃんのちょっとした手の動きで、部屋中を光が駆け巡ります。
posted by issassa at 13:24| こうちゃん