2013年07月02日

漏れ、漏れ

帰りの電車の中。
日本人のおじさんと、おじさんの幅の倍くらいの白人女性。
おじさんが、私の隣に座り 女性がその前に力強く立つ構図。

白人女性は英語の教師のよう。企業向けなのか、街の英会話教室の先生なのか。
かなり聞きやすい発音。そして学校の教室で教えてるかのような、隅々まで響き渡る声量の英語。
あの声量で日本人が電車の中でしゃべり続けるのは、見た事が無い。
少なくても関東では。と言うか、本場 大阪は知らない。
20分以上は、しゃべり続けていた。
そして、出るわ出るわ 個人名と取り組みの度合い+α。30人近く。
バンバンです。
こんな国民だったら、「プリズム(PRISM)」で通信履歴収集が騒ぎになっているけど
街歩いてたら、ボロボロ皆しゃべっていそうです。
しっかりした声量で、「○○さん、オトモダチ “ヤクザ” □□ケンセツ」
電車の中の一杯の人が、明らかに聞かなかった事に… と言った空気が流れました。

駅に着き、二人とも降りていきました。
ドアが閉まり、ざわつきが無くなると、どこからか
美空ひばりさんの

ああ〜 川の流れのように〜
とめどなく〜
空が黄昏に染まるだけ〜

初めてかもしれない。電車の中で相当無理したスピーカーからの音で
『川の流れのように』を聴くなんて。

次の駅で、私は下車。
と思ったら。
浜田省吾か、長渕剛のような声が一緒に降りてきます。
おじさんのイヤフォンジャックが上手く刺さっていなかったようです。

漏れ、漏れ でした。
posted by issassa at 01:58| 日記

2013年06月21日

鬼の発明と、優しい鬼の再発明

こうちゃんは、鬼がとても怖いです。

そのようにpapa & mamaで吹き込んでいますから。
時に怖がり過ぎるのを見ると、ちょっとかわいそうな事をしたとも思います。

でも、こうちゃんは自分の心を鬼から守るため
優しい鬼を編み出しました。

私がその塩梅をコントロールする事ができずにいる中、自分で考えつきました。


oni.jpg

鬼は歴史の中で、民衆だったり子供だったり、そしてお互いだったり
それらをコントロールするために発明し、活用されたと思います。

異論がある人も多いでしょうが、神様と同じです。

2歳と少しの頃、すでにこうちゃんは
鬼の対極になる、優しい鬼という概念を創り上げました。
怖い鬼を 優しい鬼の区分に入れる事で、怖がらなくて良いものに変換し
自身の心の安定を得ているのです。


すごーぴかぴか(新しい)

-------------------------------------------------------------------------------
以前のコンテンツが埋もれているので、代表的なものを選んでみました。(リンクリスト)
時間があれば、ページ上のタイトル帯のクリックでも最新のページに行くので
さかのぼってみてください。現在8頁くらいです。

-------------------------------------------------------------------------------
突っ込みどころの多い、役所仕事を斬る
『あいあいはし』 それとも 『あいあいばし』
papaは市民オンブズマン(かも)
致命的なチェックミス


都市の伝説 三部作
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(1/3)
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(2/3)
オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(3/3)


こうちゃん全開 ブラボ〜
かなりせつない『雪の華』
「IMPOSSIBLE IS NOTHING」
“Y” が “命”

痛い表現と 響く表現
『今の正直なお気持ちを…』
Proかと思った
村田 諒太選手 会見メッセージ


未来を開く
富士フイルムに:製品化求む
30倍以上

-------------------------------------------------------------------------------
posted by issassa at 20:08| 日記

2013年06月07日

ガンは母親と話す時間を作ってくれた。

母が亡くなって、10日
ガンで辛い闘病生活を強いられている方も、沢山いるだろうから
あくまでも一側面として話す必要があるかと思うけれど

ガンは母親と話す時間を作ってくれた。
沢山の孫が入れ替わりながら訪ね、話をする時間を作ってくれた。
こうちゃんの写真を送って見てもらうことも
こうちゃんが会いに行く事もできる時間を作ってくれた。

五木寛之さんが『他力』の中で語られていた、まさにそうだった。

今年の初め、会社のスタッフのお兄さんが自宅で急死。
1ヶ月後、協力会社のスタジオに3年ほど前までいたカメラマン
20年以上仕事を頼んでいた彼も、自宅で急死。
家族はサヨナラも言えず…

私は、見舞いに行っている時に、3回も
「あんたが赤ちゃんの時、近所の看護婦さんが連れって行って…」
と、言う話を聞くことができた。

毎日の楽しい話を 今度は私が何度も話してあげよう。

兄や義理の姉、姉や叔母さんに全部任せきりで
のんきで申し訳ないと、心で詫びつつ…。
posted by issassa at 19:45| 日記

2013年04月15日

同志社大学は保護者か?

また、ナンだか勘違いな謝罪が行われている。
下の、少し前からダラダラ出てくる情けない記事だが

同志社大学の名を凄まじくおとしめたとして
損害賠償をバカな学生に求めて裁判でもやるべきだ。
なんで学校が保護者の代わりをしているのか分からない。
大学は被害者ではないか?

大学が躾けの責任を負うところに、いつからなったんだ?
神戸大学(国立大学)の担当が記者会見しているが、何でそんなことするのだろうか?

そのスタンスが勘違いを引き出すんじゃないの?

税金で肩代わりしている授業料分をこの国立大の学生は止めるべきだ。

USJは、メンタマ飛び出す位の損害賠償を求めるべきだ。


*******************************************************************************
同志社大生も加担、神大生USJ問題 同大が認め謝罪
*******************************************************************************
神戸大学(神戸市)文学部2年の男子学生(19)が人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)で迷惑行為を繰り返し、入園禁止になった上に同大が処分を検討している問題で、同志社大学(京都市)も学生が行為に加担していたことを認め、謝罪した。

 同大によると、先月12日、学生がアトラクションの運行中に乗り物から飛び降りて運行を停止させたという。同大の広報課は「軽率な行為により、多大な迷惑をかけたことは誠に遺憾。責任ある行動をとるよう指導していく」とコメントした。

(産経ニュース)
何かと情けない記事をよく拾ってくれる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by issassa at 19:06| 日記