2013年04月12日

かっこいい!これだよ阿部慎之助。

村田諒太選手(27)が2013年4月12日、東京都内で会見し、プロ転向を表明した。

日本経済新聞の動画ニュースを見た。
まず見ない動画ニュースを村田さんの写真の表情を見てクリックした。

言ってくれた言葉が、かっこいい!

これを影響力のある人に言って欲しかった。

緊張して。詰まりながら。自分の想いを。かっこいい!
posted by issassa at 21:36| 日記

2013年04月10日

cmで母。gで父。

母の具合が芳しくなく実家に戻り、病院を訪ねた。
20度位ベッドを起こすのがせいぜいで、基本的には寝たままだ。
治療であったり、リハビリであったりだけど、2年以上病院での生活が中心になっている。

話はしっかり話せ、記憶にある時の話はかなり詳しく、何度も話してくれる。

小さい時、実家にしばらくの間居た甥っ子も この時も来てくれていて、ゆっくりと話を聞いてあげている。
昼食は希望が通ったようで、冷たいうどんが出た。
甥っ子に、程よい長さに切ってもらい、食べさせてもらっている。
「おいしいわ。7、8cmに切ってもらっているから…。1、2cmだったらうどん食べているのが、分からないからな」

食後 私も薬を塗ったりしていたのだが、回ってきてくれた男性の看護士さんが声を掛けてくれると、まだ痛むのか、薬を脚に塗って欲しいといっている。
「右脚だけ、ひざぼんさん から上に 10cmの幅で塗ってくれるかな〜」
ずいぶんと明確な指示出しである。

だけど、母の脚は10cmの幅は、もうすでに無い。

4月に入り、病院の世界もOJTが始まっている。
先輩の若い看護婦さんが、もっと若い新米看護婦さんに、点滴のスピードを
だいたいこのくらい」

大ざっぱである。私は知らないが、例えば50ピッチ とか、何か無いんだろうか?

夜自宅に戻ると、父が
「ご飯がこれに400g入っとるが、どの位食べる?わしは、平均200gじゃが」と
zipロックのタッパーを見せてくれた。
米寿を先日迎えた父である。

母は、モノを作る趣味を長く、沢山やっていたので、長さ・幅に対する絶対感覚があるようで
父は、昔やっていた商売柄、重さに対する絶対感覚があるのです。
posted by issassa at 19:58| 日記

2013年03月22日

塚田真希さん

=========================================
山口氏が強化委員就任へ 女子コーチに塚田氏ら就任

全日本柔道連盟の強化委員に、元世界女王で筑波大准教授の山口香氏(48)の就任が濃厚になったことが21日、関係者の話で分かった。空席になっている女子代表コーチには、2004年アテネ五輪金メダリストの塚田真希(31)、12年ロンドン五輪銀の杉本美香(28)、同五輪代表の福見友子(27)の3氏が就任。
SOURCE:産経ニュース
=========================================

tsukadamaki.jpeg

2004年アテネオリンピック柔道女子78kg超級金メダリスト。身長170cm。体重125kg


ロンドンオリンピックでのテレビ解説がとても、印象深く記憶に残っている。
私の勝手な、生意気な表現かもしれないが
素晴らしい人格者のように感じられた。
何か特別のことを言っているのでは無い。
とても自然だ。

他者に対する敬意の払い方というものだろうか…
他者に対する共感のし方だろうか…
弱者に対する配慮のし方だろうか…励まし方だろうか…

試合よりも彼女の語り口が、強く私の気持ちに刻まれたのを覚えている。

素晴らしい女子柔道家を育ててもらいたい。
生意気に私が言うことじゃないですが。
posted by issassa at 13:20| 日記

2013年03月04日

気球が落ちていく映像は必要なのだろうか?

痛ましい事故や事件が、世界で 日本で起こる。
デジカメやカメラ付き携帯、スマートフォン、監視カメラが溢れる中でその瞬間を捉えていることが増えてきた。
だけど、その“決定的瞬間”をマスメディアが広く流す必要があるのだろうか。
恐怖の中で命が絶たれて行く瞬間を 興味本位以外に、我々知る必要があるとは思えない。
とても直視できない。テレビ局は何に応えようとしているのだろうか?
伝え方を間違っている。伝えるべきことを見失っている。
隕石との区別もつかなくなっている。
posted by issassa at 17:35| 日記