2013年02月25日

プロ??かと思った

王将の件を書いていて、思い出した。
昔の話だが、21世紀になってから。

職場のスタッフを連れて、ちょくちょく晩ご飯を食べに行っていた。
行く先のお店に、つけ麺系の中華料理屋があった。
専門店というよりは、何でも有りのお店で、厨房とフロアで2〜3名のおっちゃんがマッタリとやっている。

私達は6つほどある4人掛けのテーブルでオーダー。
「レバニラ炒め定食」等々10種類ほどある定食からだいたい選んでいた。

料理が来てしばらくして、ふと厨房を見ると、料理を作っていたおっちゃんが
大きな寸胴鍋からひしゃくで熱湯を『ラ王』どんっ(衝撃)に入れているグッド(上向き矢印)
インスタントのカップタイプの『ラ王』であるexclamation×2 …プロ…?
そこは中華料理屋の厨房である。

自分用の賄いだろうかあせあせ(飛び散る汗)
とても自然な流れの中で進んでいくので、見落とすところだった。
厨房のおじちゃんはおいしそうに食べ、食後のコーヒーにと 同じく ひしゃくでカップに注いでいる。
瓶タイプのゴールドブレンド目。常駐しています。

『ラ王』の方が店のラーメンより美味しいということだろう。
我々の注文は正解のようである。
『ラ王』を注文すると出てくるのだろうか?

今でもお店は同じ構えで営業中。
posted by issassa at 22:48| 日記

2013年02月08日

「IMPOSSIBLE IS NOTHING」

このこうちゃんのティッシュ箱・縦4段重ねにはびっくりした。
s_kaeru.jpg
下はクッション性のあるフロアマットが敷かれている、条件としては良くない場所である。
mamaが玄関でティッシュ5個パックをばらすと、こうちゃん 黙って脱衣場のいつものストックしている場所に片づけ出しました。

超〜良い子。なんと気の利く。

しばらくして、リビングにティッシュの箱を持ち込み、箱を立てて置く。

さらに2個目を重ねようとする。
papa(以下:p)『(心の中)箱のサイドの面、紙が重ねられててフラットじゃないから、難しんじゃないかな〜』
成功する。
p『すご〜exclamation×2
3個目を重ねようとする。
p『(心の中)それ無理じゃないかな〜』
成功する。
p『うお〜exclamation×2exclamation
4個目を重ねようとする。
p『(心の中)さすがにそ…』
成功する。
p『ええええ〜exclamation×2exclamation×2
papaはバタバタが精一杯。mamaは写真に収めようとするが、カメラがなかなか起動しない。
やばい!カエル乗せようとしてる!
p『(心の中)倒しちゃう〜。すーーーーごーーーー』


adidasの広告で使われていた
「IMPOSSIBLE IS NOTHING」を思い出した。
=============================================================
「不可能」とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ。
「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。
「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
「不可能」とは、誰かに決め付けられることではない。
「不可能」とは、通過点だ。
「不可能」とは、可能性だ。
「不可能」なんて、ありえない。
=============================================================
この言葉を読み返すと、胸が熱くなる。
こうちゃんは可能性の塊だ!


逆に可能性について語られる言葉で、興ざめしてしまうのが…
記録を達成したり、メダルを獲った選手が

「諦めなければ、夢は叶うんです!」

とか言ってしまっていますが。
勢いで…は分かりますが“嘘”を言っちゃあいけないと思う。


250px-Makku_Akasaka.jpg
マック赤坂[スマイル党]得票率:0.58%(2012東京都知事選挙)

220px-Nakamatsu.jpg
中松義郎(ドクター中松)[無所属]得票率:1.95%(2012東京都知事選挙)

彼らも飽きなめなければ、東京都知事になれるとでも言うのだろうか。
挑戦し続けています。

誰がどう考えても、彼らの夢は叶わないのです。
posted by issassa at 13:07| 日記

2013年02月01日

NHKが謝る必要があるのだろうか?

静岡でNHKの記者が深夜に酒気帯びで運転し、タクシーと事故を起こした。
この件でNHKは「関係者や視聴者の皆様にお詫びするとともに、事実関係を調べ、厳正に対処します」とコメントを出している。
『視聴者の皆様に…』だから私にも詫びている訳だけど、NHKの肩をいっさい持つつもりは無いが、NHKが詫びることでないんじゃないだろうか?通勤途中で事故に遭えば、労災の対象になったりするから、行き来はある種業務の範疇的な感じで捉えられるのかもしれないが、明らかに本人の問題だと思う。
NHKは「真に遺憾で、社会人としての自覚に欠けたあってはならない事だと思います。」で、終わりで良いんじゃないだろうか。
ジャーナリズム側が何となく、組織からの詫びを取りたがっているとしか見えない。
成人なんだから本人のところに行くべきだ。

例えば、
節分の生中継をするインタビュアーが現地に早く入りすぎ、冷えた体を暖めるために日本酒を呑み
一口のはずがエスカレートし、いい感じに出来上がってしまい
本番の生中継で鬼の頭をマイクで何度もたたき
しまいには、馬乗りになって近所の子供たちと一緒に鬼の衣装をはぎ取った件と
その状況の一部始終を派遣の契約カメラマンがアップで撮影してしまい
それをさらに直前に担当させられたディレクターも祭りの一環だと勘違いし
カメラマンにもっと良いポジションからの撮影を指示してしまった件
なぎら健壱悲惨な戦い と一部類似したケースを起こしてしまった場合)
に関して

NHKが『皆様に、ご心配とご迷惑(※)をおかけしましたことをお詫び致します。』

と言うなら分かるのだが。
文部科学○とか、厚生労働○とかの職員が痴漢したとかで、産経ニュースに出たりして ちょっと偉い役職の人が詫びたりするのも、組織が謝ることじゃないだろうと思う。
(団体名を特定しにくくするため ○により省りゃく)

よその国でもそうだろうか?
※については、またいつか。
posted by issassa at 13:11| 日記

2013年01月29日

オカマ、おじさん、シミーズ、マルチーズ、オウム、こけし etc.(1/3)

今から20年ほど前の話。季節は今くらい。受験シーズンで、地方から入社予定の学生も呼び寄せて、研修をすることとなり宿泊場所をあたっていた。
学生にはもったいないようなホテルから、とりあえず眠れるというレベルのところまで、片っ端から連絡を取るもどうやら入試絡みで全く空きがない。
当時ですから、電話帳・タウンページを使って電話をかけていた。
一つ近場で、最小サイズでなく、そこそこの枠で広告を出しているところが目に留まり、電話をする。
ありがたいことに空きがあり、素泊まりでも良いとのこと。

私は、宿泊させる当日 昼間に宿泊代を前払いに行った。

そこで目にしたモノを どこの誰もネット上にあげてない。そんなことが無かったくらい検索しても何もかすらない。
いくら20年経っていたって、誰かは話題にしそうな事なのに…。

いくらGoogleで検索しても、私が目にした物は無い。
Googleに対して圧力をかけられる存在があるとすれば、国家レベルの何かが働いているのだろうかとさえ思ってしまう。
アメリカでいうところの「エリア51にUFOは無い」というのと同じように。

私は、宿泊代を払いに行った。何だか分かりにくい。
『お堀が見える…』とあったのに、お掘り沿いに見当たらない。学校の敷地に入っていくような変わったロケーションだった。
奥まった所だが、学生がうるさいからか、目隠しのような簡易の塀で囲われていた。そこが、宿泊の場所かなと近づく。
平屋の古い民家のようだった。
引き戸の入り口を開ける…薄暗く、目が慣れるまで一瞬かかった。

2/3に続く>>>
posted by issassa at 00:50| 日記